jump to navigation

グラフィックデザイナーな私 March 5, 2007

Posted by rirekisyosakusei in グラフィックデザイナー.
add a comment

グラフィックデザイナーの仕事

私(k)の仕事は、グラフィックデザイナーです。具体的な仕事とは、

■Phoshop、Illustratorを用いたコンテンツの制作
■コンテンツデザインのプランニング及びディレクション

となります。

そもそも、私がグラフィックデザインを勉強し始めたのはアメリカに行く前でした。 元々、デザインが好きだった私は、webや広告のデザインというものに興味を持っていました。  大学の先輩が広告代理店に勤めていたというのも大きかったかもしれません。

大学時代は、広告批評や宣伝会議などを良く読んでいました。 そんな時、(1997年~2000年くらい)に インターネットというものに出会いました。 これは、かなりの衝撃でした。

当時は、デザイン的な要素を持ったwebページは少なかったのですが、徐々にデザイン的な要素を含んだページが増えてきて、ネットだけでなくPCというものが身近になってきました。 そのうちに、自分でも、Phoshop、Illustratorを使っていろいろとデザインをするようになりました。

では、なぜ私がwebデザイナーでなく、グラフィックデザイナーという道にいったのでしょうか。ココは非常に難しくうまく説明できないのですが・・・ 感覚的なもの としか答えようがありません。

webデザイナーでなく、グラフィックデザイナーでないと表現できないモノがあったから・・というカッコよく言うこともできますが、それは、グラフィックデザイナーでなく、webデザイナーでないと表現できないモノもあるので、答えにはなっていないでしょう。 あえていうならば、私の周りには、たままたグラフィックデザイナーが多く、グラフィックデザインを目にする機会が多かった というだけでしょう。

そんな単純な理由ですが、私はグラフィックデザイナーになることを決めました。 まずは、いきなり正社員では無理だろうと思い、グラフィックデザイナーの派遣を探しました。 しかし、デザイナーの派遣というのは当時は全くありませんでした。 あるのは、事務の派遣や営業の派遣だけで、優秀なデザイナーならば派遣もありかもしれませんでしたが、私のような初心者グラフィックデザイナーには、仕事はありませんでした。

しょうがないので、とりあえずは、アルバイトでもいいので、グラフィックデザイナーの求人を探すことにしました。 いろいろな求人サイトで探し、ついに、小さいながらも良い雰囲気のデザイン事務所で働くことが決まりました。

入社当初は、基本を徹底的に叩き込まれました。 というのも、私は独学でグラフィックデザインを勉強していたので、基礎が全くなっていない いわゆる 使えない ヤツ だったのです。(笑)

そんな私に丁寧に、&時には厳しく 基礎を教えてくれた先輩がいました。 Uさんという女性です。 Uさんは、デザインとアートとの違いは、デザインは顧客重視で、アートは自分重視なんだよ。と教えてくれました。 これは、初心者グラフィックデザイナーの私にとって 目から鱗でした。デザインは、自分の表現方法だと思っていましたが、それでは、仕事がもらえないということがわかったのです。

当たり前のことですが、コレをなかなか理解しているグラフィックデザイナーはすくないのではないでしょうか。 そんなこんなで、このデザイン事務所では、2年間(アルバイト1年、正社員1年)働きました。 一通り仕事を覚えた私は、かねてからの憧れであったアメリカへの留学を決意します。

アメリカでは、語学学校→インターン→現地で就職  という流れで グラフィックデザイナーの仕事をGETして、今も、一応現役でグラフィックデザイナーをしています。

[PR] グラフィックデザイナー 求人

アメリカの派遣事情 March 4, 2007

Posted by rirekisyosakusei in 人材派遣.
add a comment

転職をしたいと思っても、なかなか正社員として働くことは難しいとは思います。

そこで、活用したいのが、派遣社員です。 日本でも派遣は一般的ですが、 元々派遣というのは、アメリカで始まりました。 固定費の削減と、解雇をしやすいということと、社員が顧客情報の漏洩や、何か重大なトラブルを起こした際に責任を軽くするために始まったと言われています。

これらの事情は日本とあまり変わらないかもしれません。

一番大きく違うのは、日本では、派遣社員というと、まだまだあまり良いイメージがありますが、アメリカでは、れっきとした一つの働き方として確立されています。

パソナ、マンパワー、クリスタルなどの有名な派遣会社もアメリカで展開しています。

[PR] 派遣のポータルサイト

履歴書のポイント March 4, 2007

Posted by rirekisyosakusei in 履歴書.
add a comment

履歴書の書き方のポイントとして、一番重要なのは、採用担当者の視点で履歴書を書くことです。

アメリカでは、履歴書を代行して書いてくれる会社もあるほどです。 それほど、履歴書を書くということは重要なのです。 また、履歴書の書き方のポイントをつかむのは、それほど難しいのです。

まずは、見やすい履歴書を作ることが一番重要です。 どんなに良い履歴書でも、一瞬で読みたいと思わせることが重要です。 例えば、長々とした文章が 何十行にもわたって書いてある履歴書や職務経歴書ではアウトです。

読みたい → 良い内容か → 採用したいか

という流れで、採用担当者に履歴書を読ませることが重要です。

[PR] 履歴書といえば、履歴書my resume

履歴書の書き方① March 4, 2007

Posted by rirekisyosakusei in 履歴書.
add a comment

履歴書については、いろいろと悩む方がいるかもしれません。

履歴書は、自分を表す歴史書です。 あなたがどういう人間か、どういう歩みをしてきたかを企業にアピールする重要な書類です。 大企業になればなるほど、応募者が増えるので、一人ひとりに何時間も時間を割くことはできません。 よって、企業は1枚(又は2枚)の履歴書という紙だけで、最初の基準に満たない人をふるい落とすのです。

仕事を探している人からみると、酷な話ですが、企業の採用担当者の立場になると、しょうがないのかもしれません。 採用を勝ち取る履歴書を作るには、いろいろなテクニックがあります。

履歴書 書き方                                               履歴書 ダウンロード

求人情報をお助けします!! March 4, 2007

Posted by rirekisyosakusei in 求人情報.
1 comment so far

はじめまして。

現在、アメリカで転職活動をしている K です。 このブログをはじめるきっかけは、アメリカの大学を卒業した私が転職活動をどうやって行ってきたかを書くブログです。

日米の 転職活動の違い、履歴書の書き方の違い、求人情報の探し方を解説していきます。現在アリカでは、転職サイトから応募する場合も多いのですが、直接企業へ応募する場合が一番多いかもしれません。 そんなときに利用しているのがsimply hired や Jobyyといったロボット検索型の求人情報サイトです。 これらの求人情報サイトは、数万件、数十万件といった求人情報が掲載されています。 日本でも、同じようなロボット型の求人情報サイトがあります。

今後は、このような形で直接自分で という形が日本でも増えてくるでしょう。